専門学校でスタイリストを目指す【即戦力になるための力をつけよう】

スタイリストの専門学校に入るための方法を知ろう

デザイナーとスタイリストの違い

デザイナー

洋服や鞄などのデザインをする職業で、自分の好きなデザインを描くだけでなく、流行を常にチェックする必要があります。洋服を作るためにはデザイン画がないと作れないので、重要な役割だと言えます。

スタイリスト

スタイリストはモデルやタレントのコーディネートを提案する職業です。そのため、洋服に携わっていても作ることはしません。スタイリストの場合は、フリーランスで働く人も多いのが特徴です。デザイナーと同じく、流行には敏感でいる必要があります。

よく考えて進路を決める

デザイナーとスタイリストはやるべき仕事が異なるとはいえ、どちらも洋服に深く関わって仕事をします。デザイナーとスタイリスト、どちらが自分にあっているか、どちらの仕事が魅力的かよく考えて決めるといいですね。

専門学校でスタイリストを目指す【即戦力になるための力をつけよう】

女性

入学までの流れ

専門学校に入学したいと思ったら、まずは行きたい学校を選びましょう。資料を取り寄せたり、オープンキャンパスに参加するといいですね。学校が決まったら、出願申し込みを行いますが、入試にはいくつかの種類があるので、自分に合った方法を選びます。無事合格できたら、入学費や授業料の支払いを行います。

入試の方法

専門学校に入学する方法としては、推薦入学や一般入学、AO入学などがあります。推薦入学の中には、学校入学だけでなく特待生推薦もあるので、成績に自信がある人は推薦入学に挑戦してもいいですね。

スタイリストになるためには

スタイリストになるためには、必ずしも専門学校に通う必要はありません。しかし、即戦力となるには学校で勉強しておいた方がいいでしょう。学校を卒業した後は、まずはアシスタントとして働き始めます。スタイリスト事務所が募集していることがあるので、応募してみるといいですね。

広告募集中